大阪でサプライズプロポーズを応援するサイト » 婚約指輪と結婚指輪
2017.11.29
婚約指輪と結婚指輪

皆さんこんにちは
雨が降ったりやんだりややこしい天気ですが、気温は暖かくてまだ過ごしやすいですね
さて!本日は婚約指輪と結婚指輪の違いについて...(‘;’)
実は、知らないという方多いのです(´ー`)
なので、今日はご説明をしたいと思います(*^^*)

まず婚約指輪ですが、結婚前に婚約の証として身につけるアイテムです(*‘ω‘ *)
一粒のダイヤモンドをあしらった下の写真のようなソリティアタイプのリングを贈ります
男性が女性へ永遠に守って大切にしますという意志を贈るリングです

歴史は長く古代ローマ時代から始まり、口約束では無く物を贈って誓いを立てるという伝統が生まれました
なぜリングになったかというと、丸い輪は永遠に途切れる事が無く魔を防ぐ意味があるからだそうです。
そしてダイヤモンドを贈るという事も意味があり、世界で一番硬い鉱物で傷が付かず、透明度も高い事から永遠に固い愛を贈るという事から贈られます( *´艸`)

時々ネックレスでダイヤモンドを贈る方もおられるのですが、リングの形でダイヤモンドを贈るからこそ意味が増すのですね
そして、指輪は自分で見える位置で見る度に男性様を思いだせます、しかしネックレスだと鏡を見ないと自分では見えないしファッションと勘違いされやすい(;’∀’)というのもあります...

そして結婚指輪ですが、結婚の証として新郎新婦が贈り合うアイテムです

これから2人で夫婦として共に歩んで行くという誓いを形に表したアイテムです(*‘∀‘)
指輪には深い意味があるのですね!!

ページの先頭へもどる